Press "Enter" to skip to content

海外遠征の必需品

PDCアジアンツアーの遠征用に買いました。 全世界の電源対応の変換器。 コンパクトなうえにUSB電源も4つ付いてる。 これと携帯バッテリーが…

PDCツアーの手配

今回の記事は今年から始まるPDCアジアンツアーの遠征手配について書こうと思います。 試合エントリー、飛行機チケット、宿泊先のホテルなどの手配…

狙う練習


投げる練習って誰でもすると思うんですけど、狙う練習ってあんまりしないと思います。
そもそも狙うということをそこまで意識していない人がほとんどかもしれません。
501のスタートで20を狙うときのフォーカスのしかたと上がりのダブルを狙うときのフォーカスのしかた、、同じですか??
どこを打つ時も同じように見て狙ってますか??

抜く練習

 

[video width="640" mp4="http://dollydarts.life/wp-content/uploads/2018/02/pingpong.mp4"][/video]

抜く」というリリースの練習で自分が行っているのがピンポン球なげ。
これとっても練習になるんです。
心がけているのは2つ。

負けの要因


雀鬼こと桜井章一。
マージャンが好きな人はみなさん知っていると思います。
裏の世界でヤクザや大金持ちたちの代打ちとして20年間勝負しつづけ一度も負けずに引退した伝説の雀士。

著書『桜井章一 勝運をつかむ 100の金言』という本の一番最初に書かれていた言葉にズーンときた。

抜くリリース


スティールは点で狙って点を射ることよりも、同じタイミング、同じ力、同じスピードで矢を放つことの方が重要だとボクは考えています。
狙うべきポイントはボード側ではなくて自分側にがあるということです。
集中力と加減力を駆使して狙ったところの直径1cm以内にシュートすることより、カラダにやらせて狙ったところの直径5cm以内に集まることの方がスティールの場合は強みになる。
勝手にそう思っています。

自分だけにしかできないもの


平昌冬季オリンピック スノーボードハーフパイプで銀メダルをとった平野歩夢
人と違う滑りをしたいということに強いこだわりを持った選手。
自分にしかできないことを大切にしている。
誰かの真似でなく、誰にもできない自分だけのもので勝負する。
彼にとってのそれはダブルコーク1440(縱2回転 横4回転)という世界最高難易度の技。
そしてそれを武器に、攻めて、攻めて、周りを黙らせるぐらい圧倒して勝ちたいと彼はいう。
若干19歳とは思えないぐらい自分というものを強く持っている。