Press "Enter" to skip to content

ポイント交換ガイド (郵送サービスのご案内)

今回の記事はスティールポイントについてのちょっとした解説と店舗にご来店できないお客様に向けた郵送対応でのポイント交換サービスのご案内になります。
ポイント交換したことがないという方にはぜひ見ていただけたらと思います。
そして遠方の方も郵便でのサービスをご利用いただいてぜひ一度ポイント交換をしていただけたらと思い記事を書きました。

ポイントの説明

まず簡単にポイント交換に関する話をしましょう。
スティールダーツの先端についている鉄製の針をポイントと呼びます。
もっと正しく言えばスティールポイントです。
スティールダーツにあまり馴染みのない人には意外に思うかもしれませんが、このスティールバレルの先端についているスティールポイントというパーツはダーツの飛びに大きな影響を与えます。
たかが1g弱の針なのに交換することで想像以上に飛びやバランスが変化します。
購入時に装着されている針をそのまま使うことももちろん可能ですが、せっかくスティールをプレイするのであれば自分に合ったポイントに交換することをおすすめします。

バレルを購入したときにシャフトやフライトが付属でついてくることがあると思います。
しかしながらその付属品をそのまま使う人はあまりいないと思います。
普段自分が使っているセッティング(チップ、フライト、シャフト)に変えて使用する人がほんとんどではないでしょうか。
実はスティールダーツのポイントもそれと同じです。
購入した時についてくるポイントは交換前提でメーカーがとりつけたものが多いです。
そのままでプレイはできますが、あなたにあった状態とはいえないのです。
正直使えないポイントがついていることがほとんどです(メーカーさんごめんなさい)
最初からついているポイントの多くは短すぎて弾かれたり、形状がよくないために刺さりが悪いポイントです。

ポイント交換前と交換後

そういう理由もありスティールバレルの本来もっているポテンシャルを発揮するためにもポイント交換は必須です。
交換すると想像以上にダーツ性能が変化するのでたぶん驚かれると思います。

自分にあったポイントをみつけるのは、自分にあったシャフトの長さやフライトの材質、形状を見つけると同様ですぐに見つかるものではありません。
長いポイント、短いポイント、いろいろ使ってそれぞれの特徴や変化を体感して自分の飛びやダーツスタイルにあったものを探しましょう。自分にあったポイントを見つけることも楽しみのひとつです。

浅田斉吾プロが5ヶ月使用したMK2ポイント ほとんどカットがなくなってる!

ポイント交換のタイミング
お客様から「ポイントってどれぐらいで交換するのがいいんですか?」という質問をよく受けます。交換タイミングはフライトと同じで痛み具合や気分で決めれば良いと思います。
リングカットの無いプレーンは先端がまがったり欠けたりしない限りは長く使えます。
リングカットのあるタイプはだんだんリングが浅くなるので指が滑りだしたら交換のタイミングですし、リングカット部分が錆びたりしたら早めに交換が必要になります。
そしてもうひとつポイントを交換すると良い気分転換になったり、見た目がよくなったりするのでモチベーションがあがります。気分を変えるためにポイント交換する人って案外多くいらっしゃいます。

ポイントは長さにより若干の違いはあるもののほとんどのポイントが1g前後です。
太さは2.3mmぐらいのものが多いです。
バレルの先端の穴はメーカーやモデルによって違いがあります。
Winmau系のバレルは穴が浅かったり、Target製は穴の径が一定だったりなどすべてが違います。
なので交換作業(リポイント)する時は装着するポイントの特徴とバレルの癖を把握して取付けることがコツになります。
これは経験で覚えていくしかありません。
自分で交換するのも楽しいので興味のある方はぜひ交換ツールを手に入れてトライしてみてください。
私も当初は失敗やミスをたくさんしました。そういう経験をたくさんすることで技術も知識もあがっていきます。これまでリポイントした作業は5000セット以上になりました。
その経験にもどづき、以下ポイント選びの基準をご紹介します。

自分が使っているリポイントツールたち どれも使いやすいようにカスタムしてあります

スティールポイントの選び方

スティールポイントの選び方は大きくわけて3つあります。
・長さ
・指をかけるためのリングの有無
・色


まずはこの3つを説明していきます。

1・ポイントの長さ

スティールバレルはスティールポイントが装着された状態で売っています。
最初から付いているポイントをデフォルトポイントと呼びます。
デフォルトのポイントはたいてい32〜34mmのものが付いています。
上の写真は現世界チャンピオンのピーターライトのバレルについている黒いデフォルトポイントとCD-MK2ゴールドに交換したポイントを比較したものです。
ピーターモデルのデフォルトポイントは32mmで、交換してあるゴールドポイントは36mmです。
長さの違いは一目瞭然ですが、スティールポイントというのは2mm長さが変わったら飛びが変わります。それぐらい変化の影響が大きくでます。
スティールダーツプレイヤーの多くが36mm以上のポイントを使っています。
もちろん短いポイントを使う人もいます。

浅田斉吾プロが実際に使用しているCDポイントMK2GOLD32mm

上の写真は日本を代表するトッププレイヤー浅田斉吾プロのポイントです。
CDポイントMK2GOLD32mmというポイントをバレル先端から26mm出し指定で装着しています。
実はこれ一般的な長さから比べるととても短いポイントになります。
これは浅田プロがソフトダーツで使っているソフトチップと同じ長さにするためにあえてこの長さのポイントを選択しています。
このように自分のプレイスタイルにあったポイントをチョイスすることも重要です。
ちなみにいまでは人気のCDポイントMK2ですが自分が最初にこのポイントをつけたのは浅田プロが最初でした。浅田プロからポイント交換を初めて依頼されたときに、いくつか見本を見せた中からMK2ポイントをチョイス。
それがいまではPDCトッププレイヤーたちも使用している人気のポイントCD-MK2。浅田プロはUnicornに移籍してスティールバレルを作ったときからこのポイントを愛用してます。

さてポイント選びの「長さ」の話でしたね。
購入時に最初からついているポイントは32mmがほとんどです。
これでは短くて一般的な結論からいうと弾かれやすいです。そして飛びを安定させたりパワーをつけるためにはもう少し長くすることをおすすめします(もちろん個人差はあるので一般的な話で説明をしています)
人それぞれですがスティールポイントはとりあえず長いほうがメリット多いです。スティーラーの多くが長めのポイントをチョイスしています。

普通サイズ 34〜36mm
長めサイズ 38〜40mm
かなり長め 41〜43mm
バケモノ  45〜50mm

いろいろありますが最初は36mmか38mmがいいと思います。

世界で一番良いポイントといっても過言ではないCDオリジナルMK2

2・指置き用のリングの有無

次の選択はリングカットの有無です。
ポイントにはリングが有るものと無いものがあります。
このリングは何かというとグリップしたときポイントに掛けた指がすべらないようにするためのリングです。
世界のスティールダーツではポイントに指をかける選手が圧倒的に多いです。
9割以上の選手がポイントに指をかけます。

ギャリーアンダーソンのグリップ 中指がポイントにかかっている

グリップでポイントに指をかける人はリングが有るポイントの方が安定するかもしれません。
ソフトダーツで薬指をポイントの下に入れる人はリリースでリングが引っかかるリスクがあるのでリング無しのポイントがいいと思います。
リングがある、リングがないというのは指を置くためのものでそれ以外の違いはありません。
指を掛けないけど見た目がかっこいいからリングありにするという人も少なくありませんw

3・カラー

最後の選択肢はポイントの色です。
色を選ぶ基準はいくつかあります。
1つはボードに刺さったときの見易さです。
スティールダーツはソフトダーツと違って投げたダーツがどこに刺さったかは自分の目で確認する必要があります。そのため視認性というのは重要な要素になります。
刺さったところが見やすいという理由でポイントの色を決める人も多いです。
もう1つはデザイン、ビジュアルです。
見た目のカッコよさですね。バレルとの色合いなどで決めたり、純粋にゴールドがいい!レインボーかっこいい!などで選ぶパターン。ほとんどの人が見た目の好みで色を選ぶようです。
最近ではMISSON製のレインボーのポイントが人気です。30mm〜40mmまで2mmごとに在庫をご用意しております。
それとゴールドやレインボーなどの表面加工がされたダーツはボードから抜け落ちにくいというメリットもあります。ただし使い込んだり、ヤスリをかけたりすると色が落ちるという点もあります。最近のカラーポイントは以前に比べれば色が落ちにくくなりました。

以上、「長さ」「リング有無」「カラー」という3つのポイント選択基準をご紹介しました。
これらからあなたに合ったバレルを探してみましょう。
あなたにとってベストなポイントがいきなり見つかるとは限りません。
いろいろ試行錯誤しながらポイントの違いによる変化を知ることも大切なことです。
それもスティールの楽しさの1つです。

東京・巣鴨にある私の店「DartsCafe DOLLiS」にご来店いただければ、いろいろなポイントを試し付けしてみて自分にあったポイントを探すお手伝いもさせていただいております。
バレル3本それぞれに32mm、36mm、40mmと長さの違うポイントをつけて違いを体感することも可能です。最初はあまりわからないかもしれませんが w
当店でのポイント交換はポイント代に工賃が含まれております。
交換代は装着するポイントにもよりますが3本交換で1,000円〜2,500円となっております。
持ち込んでいただければ交換作業自体は10分程度で完了します。
(店舗の状況により若干お時間がいただく場合もございます)

また当店でポイント交換された方にはサービスとしてボードから矢を抜け落ちにくくする効果がある先端加工サービスを行なっております。
先端に斜めの切り口をつけることで摩擦係数をアップさせボードにひっかかりやすくします。
ご来店でも郵送のご依頼でもご希望される方に無償で加工いたします。

ここからは当店で交換可能なスティールポイントをご紹介します。
郵送の際はこちらからポイントを選んでご指定ください。
在庫がない場合もございますのであらかじめご了承ください。

郵送サービス&店舗でのリポイント用スティールポイント一覧表

TARGET クローム
シンプルなリング無しならこれがイチオシ!信頼のターゲット製で質が良いです!
シルバー 35mm,38mm
リポイント料 1,000円

MISSIONポイント クローム
長さのバリエーションが豊富なプレーンポイント
ブラック 32mm,34mm,36mm,38mm,40mm
シルバー 32mm,34mm,36mm,38mm,40mm
リポイント料 1,000円

MISSIONポイント クローム
綺麗な色で人気のポイント
レインボー 30mm,32mm,34mm,36mm,38mm,40mm
ゴールド 32mm,36mm,40mm
リポイント料 2,000円

unicorn ニードル6 グルーブポイント
以前の5ニードルから形状もよくなったニードル6
相変わらず太めなので刺さりはちょっと鈍い感じがするけどパワーはある
シルバー 38mm
リポイント料 1,000円

unicorn VOLUTEポイント
先端部分に縦の切り込みが入ったポイント
材質が炭素鉄なのでパワーが少ないのと折れやすいのが難点
リングカットが入っているけど浅すぎてまったく引っかからない
ブラック 36mm
シルバー 36mm
リポイント料 2,000円

DESIGNA ロングポイント
長いです、とにかく長い、長いから曲がりがでやすい
どれぐらい長いか体感したい人はぜひトライしてみてください
シルバー 45mm
リポイント料 2,000円

WINMAU リグルーブド 6リング
40mm以上のポイントでリングがあるのはこのポイントぐらい
そしてとても品質が良いです 長いのつけたい人にはおすすめ!
ブラック 41mm
リポイント料 2,000円


TARGRT STORMポイント
バレルの先端部分との段差がすくなるなるような形状
素材は炭素鉄のため強度に弱点があります あと軽い
装着希望の場合は種類が多いのでメール等でご連絡ください

WINMAU FREEFLO
バレルとの段差がなくなるアタッチメントがついてます
ポイント自体もアタッチメント部分もすべて鉄製というところが秀逸
段差をなくしたいならこのポイントをおすすめします
ブラック リングあり 35mm
ブラック リングなし 35mm
リポイント料 2,000円

One80 リフレックスポイント
他のポイントとくらべて極細の針になります
刺さりがとても良いですが刺さったところが視認しづらいのと
刺さったダーツが揺れる特性があります
当店では世界で唯一の装着アダプターを使用して難しいと言われる
このポイントの芯出しをきっちりして装着いたします
リポイント料 2,500円

 左からMK1 MK2 MK3 MK4 いずれも38mm
左からMK2 GOLD36mm MK2 BLACK32mm MK2 GOLD32mm

当店一番人気、世界的にも売れているポイント
CDオリジナル MK1〜4です とくにMK2(マークツー)の人気は絶大です
人気、性能、パワー、デザイン、などすべてにおいてナンバー1だと思います
MK1〜MK4までそれぞれリングの数が異なります
MK1 = 12リング
MK2 = 5リング
MK3 = 7リング
MK4 = 8リング
当店では[MK2]のみ ゴールド36mmとブラック&ゴールド32mmの取り扱いがございます

CDオリジナル在庫
MK1 ブラック 38mm
MK2 ブラック 38mm
MK2 ゴールド 36mm
MK2 ブラック 32mm
MK2 ゴールド 32mm
MK3 ブラック 38mm
MK4 ブラック 38mm
リポイント料はどれも2,500円


以上、交換ポイントのご案内でした。
ここではご紹介していないポイントも多数ございます。
ご来店いただければすべてのポイントをご案内させていただきます。
また場合によっては在庫がない場合もありますのであらかじめご了承ください。

以下、郵送でのポイント交換サービスをご案内させていただきます。

郵送交換サービスのご案内

当店ではご来店いただけないお客様向けに郵送でのポイント交換サービスも行なっております。
店舗までバレルを送っていただき、ご希望のポイントに交換したのちご返送という内容です。
代金決済は銀行振込、PayPayがご利用いただけます。

バレル発送先
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨2-3-5 第2日東ビル302
ダーツカフェ ドリズ
03-5980-7006
注)大きいダーツケース等には入れずに厚さ3cm以下に梱包してご郵送ください

発送手数料
あとにご案内するポイント一覧の中からご希望のポイントをお選びいただき
そのポイント代金に発送手数料1000円を足した金額をお支払いください

支払い方法は2種類です

振込口座
ジャパンネット銀行
スズメ支店(002)
普通 5856739
ダーツカフェドリズ ハイダユウイチロウ
(振込手数料はお客様でご負担ください)

PayPay決済
スマホ決済サービスPayPayでの支払いをご希望の場合は下記のQRコードをPayPayアプリで読み込んでお支払いください
(支払い先がドリズになっていることをご確認ください)

注意事項
バレルを郵送される場合には厚さが3cm以上になってしまうダーツケース等にはいれないようにしてください
またご返送先の郵便番号、住所、氏名を書いたメモを同封していただくとありがたいです
伝票の住所が読めないものが多く返送時に送り先がわからないということが多発しています

ご返送は日本郵政のクリックポストになります。
発送から2〜3日でお客様ご指定住所のポストに投函されます。
荷物番号による追跡が可能です。

またポイント交換ではなくスティールバレルをソフトで使えるように加工する4BA化をご希望の方は以下のページをご参照ください


今回の記事は以上になります。
ポイント交換に関して少しは知識が増えましたでしょうか。
まず交換をしたことがない人はまずポイント交換をしてみてください。
見違えるようにバレルが扱いやすくなるかもしれませんよ!
ポイントは何でもないような鉄の針ですが非常に奥が深いパーツです。
自分にあったポイントを見つけてスティールダーツがより楽しくなるお手伝いができればと思っております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ではでは。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。