Press "Enter" to skip to content

狙う練習


投げる練習って誰でもすると思うんですけど、狙う練習ってあんまりしないと思います。
そもそも狙うということをそこまで意識していない人がほとんどかもしれません。
501のスタートで20を狙うときのフォーカスのしかたと上がりのダブルを狙うときのフォーカスのしかた、、同じですか??
どこを打つ時も同じように見て狙ってますか??

狙うって実はとても難しい。
試してみると狙うことの難しさがよくわかります。
20のシングル 黒の四角いゾーン。
そこを狙って3本投げてみてください。
トリプルやダブルはダメです、黒い四角いゾーンから外さないように狙います。

四角いところ狙えますか??
シングルの四角を狙うってとても難しいです。
20トリプルは狙えても四角いシングルを狙おうとすると視線が定まらないというかどこみていいのかすらわからなかったりします。

だからというわけじゃないけど、アレンジのシングルが難しかったりする理由ってこの狙うことに慣れていないからなのかもしれません。

そういうことに気づいたので最近「狙う」ということをとても意識してます。 おかげで狙う技術の重要性もわかってきました。
「見る」「狙う」「とらえる」 この違いをちゃんと理解してどう使うか。
そして「狙わない」っていうこともできないとダメだったり。
狙わないというよりは計らないってことでしょうか。
距離や放物線は考えない、狙うけどそれをスロー再現力で捉えること。

狙えるようになって初めてそこにスローイングする技術が合わさる。
これがとても重要です。

そんなわけで今はスロー練習と合わせて「狙う」練習もしています。
狙ったところに投げて入れる、そのことにおいて狙うという技術はスローイング技術よりも重要かもしれないって最近思ってます。
どんな練習方法で狙う力を養っているのかは、、また今度。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。