Press "Enter" to skip to content

PDCアジアンツアー参戦

2018年3月からPDCアジアンツアーが始まります。
PDCアジア公式サイト
年間12戦でアジアンツアーオーダーオブメリット(アジアランキング)を競います。
12戦といっても1カ国につき2日間で2戦連戦となるので、イベント的には6回12戦と考えればOK。
アジアの国籍で16歳以上なら参加できます。
自分は今年このツアーに全戦に参戦予定です。
下手くそなのに出てどうするの?って思う人も多いでしょう。
今回は少しその辺の話をしておきます。

参戦する一番の理由は簡単です。
PDCのツアーに出たいから
です。

大変なのはわかってますが、とにかく出たい!それが最優先!
試験もなく、パスポートを持っていてフィーを払えば出られる。
イギリスに行かなくてもPDCのツアーに出られるなんて夢のよう。
店は休まないといけないけど自分が挑戦することで店のためにもなるかもしれないし、
とにかくあのPDCの試合に出られるんだから挑戦しないわけにはいかないという思いです。

2018年度の全12戦をすべて参戦するのにかかる費用。
ザッと計算して航空運賃+ホテル+エントリーフィーだけで50万円前後だと見積もってます。
もちろん食事代などは別です。
昨年スティール大会でいろいろ遠征しましたが、その費用とほぼ同じぐらいです。
かといって自分もお金に余裕があるわけではありません。
今回のアジア挑戦に際しこれまで大切にしていたあるものを手放して資金を作りました。
PDCアジアンツアーは自分にとってそこまでしてでも出たいツアーでした。
そして初年度から、開幕戦から挑戦することにも重要さを感じています。
誰もが初めて、全員が新人。
まったく分からないけど手探りでPDC遠征するのも大切な挑戦であり経験になると思っています。

出たいから出る!!と言いましたが、他にも理由はあります。
こちらの方がプライオリティ高いかもしれません。
自分は選手として戦えるレベルではありませんし、年齢的にも厳しいものがあります。
今後は選手のサポートや育成に力を入れていくことが自分の責務だと思っています。
あわせて情報発信の役目も担っているかと。

・自分が参加することでPDCアジアンツアーがどんなものか把握する
・どれぐらいの費用がかかるのか実際にツアーを回って算出してみる
・各国の治安、交通状況、宿泊施設、試合運営など実際に見てみたい
・遠征でのホテルや飛行機の手配などいろいろ試して学びたい
・他国の選手や関係者とコミュニケーションをはかりたい
・試合の進行などを学びたい
・遠征日程などもいろいろなパターンを試して今後に生かしたい
・実際に試合にでることで得られる情報を多くの人に伝えたい
・ダーツメンテナンスなどで選手をサポートしたい

など挙げればきりがない。

ホテルはどうやってとればいいのか。
航空チケットの取り方、安く済ませる方法などなど。
そういう情報ってこれから挑戦しようと思っている人には役立つとおもうんです。

現在発表されているPDCアジアンツアーの日程です。
Tour 1 & 2: 3月10-11日 韓国 ソウル
Tour 3 & 4: 4月28-29日 香港 マカオ
Tour 5 & 6: 6月23-24日 日本 神戸
Tour 7 & 8: 8月18-19日 マレーシア クアラルンプール
Tour 9&10: 9月22-23日 台湾 台北
Tour 11&12: 未定(たぶん上海かと思われ)

現在までに予約している飛行機とホテル。
韓国 飛行機&ホテル 手配済み
マカオ 飛行機&ホテル 手配済み
神戸 飛行機まだ ホテル 手配済み
マレーシア 飛行機 手配済み ホテルまだ
台北 飛行機もホテルもまだしてない

自分はツアーではなくホテルはホテル、飛行機は飛行機と別々で予約を取ることが多いです。
以前はツアーばっかりでしたが、別々のほうが確実に安く取れる。
ホテルはBooking.comで、飛行機はトラベルコで相場を調べてます。
そのままトラベルコ経由で予約したり各航空会社のサイトで予約。
自分は国内の遠征でもこのパターンが多いです。

とにかくホテルも飛行機も早めにとってます。
飛行機はアジアだとLCCが安いですが、スティールダーツがあるので手荷物では持ち込めない。
結局、荷物を預けるプランにするとJALやANAとそんなに金額変わりません。
あと自分は成田と羽田もどちらでもそんなに変わらない(羽田のが楽ですけど)ので
飛行機は発着時間と料金の安さでチョイスしてます。
序盤戦は韓国をANA、マカオをバニラエアのリラックスシートにしました。

あっそうそう。
LCCでアジア遠征行く人で現地までスティールダーツ預かって欲しいという方。
もし居らっしゃうましたら自分のスーツケースに入れますので連絡ください。

ホテルを取るのもキャンセル時などの返金がないホテルは安くとれたりします。
マカオなんかはまだ試合会場がわからない時にホテルを予約。
マカオはとにかくホテルがどこも高いから、とにかく安いところ探して予約しました。
あとは同じホテルの選手たち見つけて会場までタクシーって感じです。

マレーシアは深夜に出発で試合当日の早朝に現地到着の飛行機を予約。
そのパターンも試してみようと思いました。
会場がどこかはわかりませんが、時間の余裕はあるので大丈夫かなと。
問題は7時間ぐらいの飛行機がどれくらい体に影響するかですね。
いろいろやってみないと分からないので自分が実験台です。

あと日本ステージは神戸ですがホテルが少ないので早めにとることをおすすめします。

来年以降はうちの選手たちの飛行機&ホテルの手配などそういった遠征管理を全部やってあげられるようにしたいです。
現地でのサポートでも力になりたいし。
自分以外の選手たちは試合の重要度が自分とは違うと思うので情報発信もそんなできないと思います。
なので実際に自分が参加して、情報収集&発信するのが良いと思うしそれが役目だと思ってます。
できるだけPDCアジアンツアーの現地情報は発信する予定です。
カメラは無理だと思うけどNDL誌に相談して撮影できるか聞いてみます。

長くなりましたが、自分にとってのPDCアジアンツアーは挑戦だけでなく
こんな感じでいろいろな情報収集&経験が目的だったりします。
でもね、結局は「出たいから出る!」です。
来年以降も続くといいけどなぁ、分からないから今年のうちにチャレンジしたほうがいいですよ。
(来年もあるかどうかは正直あやしいところです)
もし来年も続くようなら今年の経験を生かして選手をサポートする側に回る考えです。
ホテル予約や飛行機手配からエントリーなど全部管理できるチーム体制を整えたいなと思ってます。

次回はソウルとマカオ遠征でかかったホテル&飛行機代に関して書きます。

ではでは。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。