Press "Enter" to skip to content

コッキングを使ったスロー

手首の使い方。
コッキングというテクニック。
参考になるスローイングをする選手はいないかと探してみました。

unicorn契約選手 Madars Razma マダルス・ラズマ(29歳)
PDCには珍しいラトビアの選手です。
2017年にPDCのツアーカードを取得してBDOからPDCへ移籍。まだメジャートーナメントには上がってきてませんが、プレイヤーズチャンピオンシップなどではチョイチョイ上まで上がってきて放送台に出てくることも増えてきたユニコーン期待の選手です。
昨年イギリスに行ったときに撮影したスロー動画の中に彼のスローが偶然入ってました。
この時は彼のこと全く知りませんでしたが、無名ながらそのしなやかな手首の使い方が気になって撮影したんだと思います。
彼のスローイングのテクニックがよく分かるように編集しましたのでぜひご覧下さい。

手首の使い方、タイミング、力の方向性が実に素晴らしい。
テイクバックから矢を前に出す瞬間に手首が一瞬だけ遅れて動きだします
そして肘が伸びきる前に手首が返り終わってる。
コッキングというテクニックです。
腕全体が女王様が打つムチのような動きをしています。
釣りのフライフィッシングの竿のしなりというんでしょうか。
良いか悪いかは分かりませんが、自分はこの動作はスティールでは大切なテクニックだと考えています。
PDCでも多くの選手がスローイングにこの動作を取り入れています。
(使い方やタイミングは人それぞれですが)

最近はこの動画を何度もみてイメージ作りをしていますが、コレがなかなか真似できない(汗)
これ読んだら試したくなったでしょ w
さぁ practice、practice、practice!


追記
先月公開した当ブログ「DOLLY come true」おかげさまで1ヶ月で2万5千アクセス。
たくさんの方に見ていただけてることを励みにこれからも思ったこと、考えたこと、日々の日常を好き勝手に書いていきたいと思います。
よろしくです。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。