Press "Enter" to skip to content

六義園 夜桜ライトアップ

文京区には東京都が誇る2大庭園があります。
小石川後楽園と六義園(りくぎえん)
自宅からすぐの六義園がこの時期「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」という人気イベントやっているので新しいカメラのテストを兼ねて撮影に行ってきました。

簡単に六義園の説明を。

六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられておりました。
元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳澤吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。
六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園です。

という六義園ですがその後三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎が六義園を購入、整備を施し1938年に東京市に寄贈され以後有料で一般公開されている庭園です(大人一般 300円)

前置きはいいとして撮った写真を見てもらおう(見せびらかそう)という今回の投稿です。
あと写真ギャラリーの機能も新たに導入したんでそのテストを兼ねて以下写真貼り付け。

使用カメラ CANON EOS 6D
使用レンズ EF24mm f2.8 IS USM
撮影設定 シャッタースピード 1/8秒 f5.6 ISO25600
手持ち撮影

カメラが実に優秀であることがわかりました w

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。