Press "Enter" to skip to content

遠征準備

早いもので明日8日にPDCアジアンツアー韓国ステージへ出発。
まだ荷造りしてないけど持っていく予定のものをザッと書いておきます(備忘録)
自分は試合以外にも目的&役目があるので持っていくものがちょっと多い。


リポイントツールをひと通り持って行きます。
ダーツメカニックとして選手たちの道具のサポートも自分の大事な役目。
主にポイントなどのメンテナンスができるよう準備。


取材関係の道具。
今回のアジアンツアーではNEWDARTSLIFE誌から取材も依頼されています。
写真撮影と今回のアジアツアー開幕戦の記事の寄稿もするらしい(6ページほどを予定)
ちなみに帰国する翌日が原稿の締切らしい(鬼)
現地で執筆しないと間に合わないのでパソコンも持っていきます。
あとインタビュー用のボイスレコーダーも忘れないようにしないと。


ユニフォームは今回2つ用意。
ひとつはクリップナインさんに無地の真っ黒ゲームシャツを作ってもらいました。
昔からゲームシャツを作るとき自分はクリップナインです。
あとユニコーン製のシャツも持って行ってみます。


靴はこれ。
最近練習でも履いてますが、スニーカーより履き心地がよい。
先日靴磨きマンのマーシーが韓国遠征前ということでまた磨いてくれました。
ピカピカです。


バレルはUnicorn製 KRZYSZTOF KCUIK 20gです。
今年に2月の初めからコレ使ってます。
昨年はトルピード使ってましたが、またストレートに戻しました。
ジョー・カレンを短くした感じのモデルでパワーはないですけど、振りやすいモデルです。
ポイントはドリズゴールド38mm、シャフトはプログリップショートプラス、フライトはディミトリです。


One80製ビート板。
やっぱりコレは遠征に欠かせません。
とくに海外遠征でこれは必須アイテム。
もともと自分は試合前日にあまり練習しません。
ただまったく投げないと不安だったりもする。
そんな時にこのビート板があれば言うことなし!
わざわざダーツ投げられるところまで外出しなくてもホテルの壁にこれくっ付ければOK。
簡単なウォーミングアップはこれで十分できます。
素晴らしいアイテム。


そしてコレも持って行きたいアイテム
TRIGGER POINT
毎日これでストレッチしてます。
起きたらこれでカラダほぐして、試合から戻ったらこれで疲れたカラダをマッサージ。
自分ひとりでしっかりケアできる優れもの。


荷物はスーツケースとリュックの2つです。
預けられる荷物の重量制限が20kgだけど大丈夫か不安。
カメラ一式、リポインター、靴、パソコンだけでも結構な重さになるはず。

このほかにも細かいモノがいろいろあります。
先日紹介した電源変換器とかポケットWiFiとかも忘れないようにしないと。

そうそうWiFiもあるし会場からの速報もなるべくがんばるつもりです。
日本人選手たちの活躍をたくさん発信しますね(速報はTwitterメイン)
Twitterやってない人でもこのブログ見てもらえればTwitter表示されますのでチェックしてください。


余裕はないかもしれないですが観光もちょっとはしたいなと思ってます。
もちろん遊びに行くわけでは無いんですけど、最終日の飛行機を遅めにしたのでその時間まで少しばかり韓国を満喫したいなと思っています。
とはいえNDL誌の原稿を帰国するまでに書かなければいけないから観光なんてしてる余裕ないかもな。


今回のPDCアジア挑戦。
「お前のそのレベルで参戦して何の意味があるんだ」
そう思っている人は少なくないでしょう。
勝てる確率は限りなく少ないですし、レグも取ることも困難でしょう。
今の自分のレベルは限りなく低いですが、いまの自分がやれること、これまで練習してきたことをPDCツアーでしっかり出し切ることが目標です。
どうあれPDCデビューです! すべての役目をどれも精一杯やってきます!

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。