Press "Enter" to skip to content

PDC WorldCup of Darts 2019 Winner

決勝はスコットランドとアイルランドでした。
アイルランドは準決勝で前回優勝国のオランダを倒しての決勝。
これまで優勝した国はイングランド4回、オランダ4回の2カ国だけ。
今回どちらが勝っても初優勝という決勝カードでした。

アイルランドのスティーブ・レノンが非常に良かったこともあり、試合は接戦でした。
決勝はS-S-D-S-Sフォーマット。3ゲーム先取したら勝ち。
シングルス1  ギャリー 2-4 レノン
シングルス2 ピーター 4-2 オッコナー
ダブルス スコットランド 4-0 アイルランド
シングルス3 ピーター 4-1 レノン

アイルランドのふたり、大健闘だったと思います。
よく噛み合ってました。
それぞれの良さが出ていたという印象。

そしてやっぱり強かったスコットランド。
半年間の静養から帰ってきたギャリーが思いのほか調子が良かった。
それに加え、ここ最近プロツアーやプレミアリーグでは絶不調だったピーターが今大会では徐々に調子をあげ最終日はピーターらしいダーツが出来ていたことが勝因だったと思います。

個人的にはギャリーの復活がとても嬉しかった。
そしてどうしても勝てなかったワールドカップをようやく勝てたスコットランド。
トーナメントの組み合わせにも運があったと思います。
シード国と1回もやってないんじゃないですかね(ラッキーすぎる)

今大会を振り返ってみると、シード国はどの国も力が拮抗してきていますね。
それとアジアンツアーの影響でしょうか、アジア各国が確実に力をつけてきている。
そしてやはり1回戦のダブルスだけの試合は大波乱が起こる。
4日間でしたが日本代表の活躍もあってとても密度の濃い今回のワールドカップでした。

ちなみにですが!!
来年のワールドカップの日本代表はどうやって決まるかご存知ですか??
再来週6月22日に台湾で開催されるPDCアジアンツアー台北を皮切りに来年のW杯前までの1年間(6カ国12戦)を対象にPDCアジアンツアーポイントランキングの日本人上位2名が来年のワールドカップ代表に選出されます。
来年は誰か代表になるんですかね。

PDCワールドカップ2019お疲れ様でした!
ではでは。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。