Press "Enter" to skip to content

DOLLiS 準禁煙化

急性心筋梗塞で入院したのが1週間前。
いま無事で普通の生活を再開しました。
もう本当だったらこの空間に存在していなかったかもしれない。
そう思うといろいろな感謝が湧いて来ます。

自分が経営している店 巣鴨ダーツカフェ ドリズ

これからは狭心症、慢性虚血性心疾患を抱えて生きて行くことになりました。
食べ物も注意してコレステロールを下げる必要があります。
そしてもう一つ担当医から言われたのが自分の店での受動喫煙です。
やはり心臓によろしくない。
「これからも長く生きて店を続けていくためにも禁煙化をご検討ください」
自分は1日の半分の時間をドリズで過ごします。
禁煙化はとても悩みました。

ドリズのお客様の喫煙率は4割ぐらい 禁煙者のが少し多い印象

一番の悩みどころは店内に喫煙スペースを用意できないというところです。
禁煙にするなら店の外に行って吸ってもらうしかない。
かといってビル近辺に喫煙スペースあったっけか??と。
それとうちの店は2つのダーツ団体のリーグ戦に参加しています。
ドリズに所属しているチームにはなんとかお願いできても、アウェイとしてお越しいただく相手チームにまで禁煙を強要するのがどうしても心苦しかった。

店内に貼った準禁煙の案内

悩んで悩んで出した答え。
やるなら今しかない、このタイミングしかない。
本当にいろいろ考えましたが「禁煙」という選択をしました。
ただし、まったくダメというのではなく「加熱式タバコは可(エリア限定)」としました。

これまで使っていた灰皿類を5月31日営業終了とともに撤去

最初は「終日全面禁煙(電子・加熱式タバコ 可)」としたんですが、一部の方たちからそれでは禁煙と表記すべきではないというご指摘をうけました。
そこでTwitterで何と表記するのが良いかと相談したところ、たくさんのご意見の中に「準禁煙」という表記に目がいきました。
とても融通がきく表記でこれなら完全禁煙との違いも伝わるような気がしましたのでこれを採用しました。

加熱式・電子タバコが吸えるエリアに貼った案内

ドリズでいうところの準禁煙とは。
・紙巻タバコは店内全面不可
・電子タバコ、加熱式タバコ、VAPEなどは指定のエリアでなら可
ということにさせていただきました。
準喫煙が可能な場所はドリズ店内奥のソファスペースです。
そちらに空気清浄機をご用意いたします。窓を開けていただいても構いません。
他のお客様にご配慮いただきながらのご利用よろしくお願いします。

準喫煙が可能なエリアはこちらです

喫煙ができないなら行かないという選択をされるお客様もいらっしゃると思います。
個人的な都合でご迷惑おかけしてほんと申し訳ありません。
そして一番ご不便、ご迷惑おかけすることになるのはリーグ戦で仕方なくお越しいただく喫煙者の方になるかと思います。
終日準禁煙化は店をこれからも継続していくための苦渋の選択でした。
何卒、ご理解とご協力いただきますようお願いします。

しばらくは店側も慣れないためにご不便お掛けする点があるかと思いますが、準禁煙化後のドリズも何卒よろしくお願いします。

ドリズは終日準喫煙というこの決断が良き方向に行くことを信じて、
これからも自身の健康に配慮しながら良い店づくりに努力してまいります。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。