Press "Enter" to skip to content

DRAルールブック 日本語訳

世界のダーツシーンでダーツの公式ルールブックとして採用されているのがDRA(ダーツレギュレーションオーソリティー)です。
DRA公式サイト(英国) http://www.thedra.co.uk
DRAという組織はイギリスのNPO法人でダーツをスポーツシーンにおいて良好な統治システムで守られるために存在しています。
DRAの目的はプロフェッショナル、アマチュアを問わずダーツのイメージと認識を向上させるためのルールと規律を管理しています。

このDRAのルールブックはPDCやBDOという世界トップ団体でも採用されているほか、WDFなどの国際的なダーツシーンで採用されているルールブックです。

このDRAはルールだけでなく規律に関しても管理を行う第三機関で昨年末のPDCグランドスラム大会決勝でガーウィン・プライスの試合中の異常なまでのアクションに対し、PDCがDRA審査を依頼し、執行猶予つきではあるものの、日本円にして300万円の罰金と7ヶ月の出場停止という裁定をプライスに下したのもDRAです。

ルールと規律に関して世界のダーツシーンで絶対的な権限を持っているのがDRAなのです。

そのDRAが作ったルールブックが世界のダーツトーナメントで採用されているのはすでに書きましたが、日本ではPDJが主催する大会だけがこのDRAルールを採用しています。

日本のスティールダーツシーンでは共通のルールブックが存在しません。
試合ごとに違ったり、団体ごとにルールが違うという現状です。
これは日本スティールダーツ界として絶対に統一しなければいけない案件です。

一番良いのが日本もこのDRAルールを採用することです。
ところがこのDRAルールブックの日本語訳がなかなか作られませんでした。
細かくいうと水面下では作られていたりしましたが、それが表にでることはこれまでほとんどありませんでした。

プロジェクト立ち上げ時にTitterにておこなったツイート

今後のダーツ界のためにはどうしても自由に閲覧できて、使用制限のないDRAルールブック日本語版が必要ということで2018年11月1日にDRA日本語翻訳プロジェクトを立ち上げました。

有志で集まった協力者とともに日本語訳の制作は始まりました。
本来の意味を変えずにダーツプレイヤー誰がみても理解できる内容で表記するのはとても難しい作業だったと思いますが、プロジェクトチームのみんながとても頑張ってくれました。

本日、プロジェクトチームから完成したDRAルールブック日本語訳があがってきましたので一般公開させていただきます。

最新のDRAルールブック日本語訳 PDF版のダウンロードはこちらから
DRAルールブック日本語訳(2019.2.12更新)

本家 DRA ルールブック(英文)
http://www.thedra.co.uk/wp-content/uploads/2015/01/DRA-Rules-final-140115.pdf

DRA日本語訳プロジェクトFacebookグループ(要承認)
https://www.facebook.com/groups/DRA.Japanese.translationproject/members/
こちらがプロジェクトチームの拠点です
最新の情報や最新版のDRAルールブック日本語訳があります
グループへ登録申請していただければチームが承認いたします

この日本語翻訳版の版権はすべてDRAに属します。
この日本語訳版の使用や閲覧はフリーです、自由にお使いいただいて結構です。

DRAへのドネイション(寄付)はこちらからできます(PayPal)
通過はポンドで金額は自分で決められます。

団体のホームページ等に当ルールブックを設置する場合はご一報いただければ幸いです(更新時に連絡させていただきます)
日本語翻訳版の発行に関する責任・管理は灰田裕一郎にありますのでお問い合わせ等は下記フォームご連絡ください。

最後に有志としてこのプロジェクトに尽力を捧げてくれたメンバーに心から感謝したいと思います。
自分は何もしてません、彼らがダーツ界の未来のために動いて完成させてくれました。
本当にありがとう。
この翻訳が今後のスティールダーツ界にとって有益なものになることを願います。

DRAルールブック日本語訳プロジェクト
翻 訳:宮木慶彦、瀧川 諒
監 修:古畑 潤

協 力:村瀬 秀昌、割石 將弘
発 行:灰田裕一郎

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。