Press "Enter" to skip to content

ミクル歴史的快挙 レイクサイド決勝へ

鈴木未来の世界挑戦もいよいよ大詰め。
BDOレイクサイドチャンピオンシップ 3回戦セミファイナル。
あと2つ勝てば世界チャンピオンの称号が与えられます。
すでにベスト4に残っただけでも偉いこっちゃなんですが、どうせならあと2つ勝って世界の頂点まで行っちゃって欲しいですね。
たぶん予備予選から勝ち上がって世界チャンピオンになったひとはまだいないはずです。

前回の2回戦シャロン・プリンスとの試合ではミクルらしさが発揮されず苦しい展開の中、我慢のダーツでもぎ取った勝利でした。
1回戦は素晴らしいダーツだっただけに一夜明けた今日のセミファイナル、ミクルの調子はどうなのか?というところに注目が集まっていたと思います。

対戦相手は横綱ばりの貫禄、イングランドのマリア・オブライエンでした。
ランキング10位ですが、好調だったファロン・シャーロックを力でねじ伏せるダーツで勝ち上がってきただけに苦戦が予想されました。
そんなマリア相手に今日のミクルはどうなのか、決勝進出の快挙はあるのか。
遠くイギリスで戦うミクルを日本中のダーツファンが画面に食いついて祈るように応援していました。

注目のミクルのファーストスローはなんと180点スタートでした!
これにはびっくり! 最高のスタートです!
完璧なダーツでいきなりマリアのメンタルにストレートパンチがヒット!

拳を上げてダーツを抜くミクル。
表情も集中できている感じで昨日の不調が嘘のよう。
腕も振れていてダーツがよく飛んでいるのが画面からもわかります。
安定した縦ラインで20のラインをキープできていることからも1日でしっかり調整してこのセミファイナルに臨めたことが伺えます。

1セット目はダブルに少し苦しみながらもリズムを変えることなくダーツを投げさらに調子をあげていくミクル。
こういうところが彼女の強さでもありますね、あんな風に淡々とダーツされたら対戦相手としてはイヤですね。
1セット目フルレッグになりながらも最後は106点をT20-S6-D20のハイオフで仕留めファーストセットを取ります。
今大会ミクルはここまで1セットも落としていません。
2セット先取の試合で最初のセットを取ることは非常に大きなアドバンテージです。
ほんと要所、要所できっちりゲームをまとめているところが素晴らしい。

一方のマリア・オブライエン。
昨日のミクルとは一転して安定したダーツを打たれて完全にメンタルやられてました。
対戦相手のマリアが一番ミクルとの力の差を感じていたと思います。
点を取っても、それ以上にミクルが入れてくるのですぐに入らなくなってしまっていました。
2セット目にリーチをかけられて「こりゃだめだ」って思ったと思います。

最終レグとなった第4レグはミクルのギアがまた一つ上がって見事な点取りで最後36点残り。
こうなるとミスする気配はまったくなし。
呼吸を整え、しっかり狙って投げたダーツはD18のど真ん中へ。
日本人初、アジア人初となる世界選手権の決勝進出を決めた瞬間でした。

終わってみれば完勝!!圧倒的な力の差を見せつけての勝利でした。
昨日のダーツからよくここまで修正してきたと思います。
もちろん昨日はベスト4をかけた試合ということでプレッシャーがかなりのものだったと思います。
セミファイナルもプレッシャーはあったでしょうが、ここまできたらあとは思い切りやるだけという気持ちが良い方に転がりましたね。
またインタビューで言ってましたがいつもしている耳栓を今大会ではここまで耳栓をしないで試合をしていたそうです。
理由は会場の雰囲気がよかったからと。
それでもここからは集中するぞということで耳栓をしての試合だったようですが、その効果なのかとても集中できていましたね。
ほんと素晴らしい試合でした。
なんか信じられませんが、BDOレイクサイド(世界選手権)の決勝に日本人が進出です!
鈴木未来はぜんぜんミラクルなんかじゃなく、実力で当たり前のように決勝まで勝ち上がりました!!
ほんとすごい!すごいしか言えません。
決勝進出おめでとうございます!

若干のカウントミスなどはありましたが、アレンジに関しても悩むことなく見事な打ちまわしができていたと思います。
欲をいえば、点取りで3本目が弾かれることが多いので、スイッチングして19を狙ってもいいんじゃないかなって思いました。
それにしても見ていて気持ちのいいリズムはミクルの持ち味ですね。
テレビ的にもウケがいいと思います。

細かい話はもうどうでもいいですね。
とにかく凄いことになってしまいました。
日本のスーパースター鈴木未来がとうとう世界チャンピオンを決める最後の試合まで来てしまいました。
あと1つ勝ったら世界チャンピオンですよ!!わかります??とんでもないことが起ころうとしているんです。
国内のメディアが最後の決勝だけでもとりあげてくれないですかね。

決勝の相手はアナスタシア(ロシアの女王)かロレイン・ウィンタンレー(チョイ投げ女神)です。
ロレイン・ウィスタンレーの旦那さまはアリパリで9ダーツを決めてステージをダッシュしたディーン・ウィスタンレーです。

アナスタシアとは昨年の10月にPDC出場権をかけた試合のベスト4で敗れてるのでぜひ今回決勝にあがってきてもらって、世界選手権のステージで倒して欲しいところです。
ちなみに女子決勝は3セット先取になります。

試合の動画はこちらからご覧いただけます(BDO公式チャンネル)
BDOレイクサイド2019 女子セミファイナル
鈴木未来 vs マリア・オブライエン
https://youtu.be/IEuS5wKkUf8?t=5308

あとはもう精一杯やってもらうだけです。
思う存分、世界最高峰の舞台を味わってきて欲しいなと思います。
きっと世界チャンピオンになる気がしてならない。
あしたの決勝で世界のダーツ史に大きな足跡を残してくれるに違いない。
ミラクルミクル!世界チャンピオンまであと1勝!!

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。