Press "Enter" to skip to content

鈴木未来 レイクサイドで大金星!!

前回の投稿で紹介した鈴木未来vsリサ・アシュトンの注目カード。
先ほど試合が終わりました。
なんとなんと!!!

女王リサ・アシュトンに2−0のストレート勝ち!!!
ミクルが世界を驚かす見事な大金星をあげました。
とにかくすごいことです。
というかそもそもこのレイクサイドに出場すること自体がすでに大金星なんです。
アジア人として初ですからね、唯一の出場権利であるイギリスでの予選で2名しかない枠を見事取っての出場です。
これとんでもなくすごいことなんです(表現がチープですみません)
とりあえず速報記事ということで書いてますのでザッといきます!

試合を振り返ってみましょう。
先攻となったファーストセットで確実にダブルを決めレグを連取。
しかしそこから女王リサ・アシュトンの反撃を食らうもしっかりと1セット目を取りました。
これがとにかく大きかった。
1回戦は2セット先取のショートゲームです。
最初にセットを取って早くも王手となりリサに大きなプレッシャーを与えましたね。

セットを取られたリサはそこからギアを上げたものの、ミクルの点取りと安定したスローに押されっぱなし。
終始プレッシャーかかってました。
いつもスローテンポが早いリサですが、いつも以上に投げるのが早くなっていたように見えました。

とにかくミクルの削りが強い、キープ力あるしT20に入れる力も高い。
ただ3本目にダーツが蹴られることが結構ありました。
もう少し19へスイッチングできるともっと点取りに幅がでるんじゃないかと思いました。
それにしても先攻を確実にキープできる力は本当に大きかった。

第2セットはフルレッグ。
これを取ればミクルの勝利となるレグで先攻のリサが180スタート!
さすが!と思ったらミクルが140で応酬。
この180を140で返したことはリサにかなり焦らせたと思います。
そして終盤、リサが40点でテンパイとなりミクルは180点残り。
なんとミクルはここで140点を出して40点残りに!
余裕があったはずのリサの顔が一瞬にして固くなりましたね。
絶対に外せなくなったリサはダブルにまったく合わず、、
プレッシャーで決めることができません。

そしてミクルに回ってきました。
残り40点。
決めれば歴史的勝利というダブルです。
これまでこのような場面は何度もありました。
ところがこれまでどうしても!どうしても入れられなかったマッチダブル。
悔しい思いを何度もしてきたミクル。
20ダブルを狙う時それをきちんと受け止めて狙っているように見えました。

1本目は外、2本目がしっかり内側に入り、思わずニヤけるミクル。

もしかしたら「またダブル入らないとかないよねー」って思って笑ったんですかね。
でも間を取ってしっかりリセットしたのが功を奏したのでしょう。
最後のD10は、、、

見事10ダブルに入りました!!
入った瞬間、実況の声が裏返りまくってましたね。
日本中のダーツファンも「よっしゃー!!!」って叫びまくったことに間違いないでしょう 笑

前回女王まさかの1回戦負け。
それぐらい鈴木未来は強かった!
でも世界はきっと驚かない。
これまでの試合でミクルの強さはみんなよくわかってる。
ただこれまでは最後の1本がどうしてもきまらなかった。
大きな壁だった。
でも今日その壁をミクルは超えました。
もしかしたらありますよ、もしかしたらじゃない。
日本人初のダーツ世界チャンピオン!かなりの確率でありますよ!
次の試合はちょっと間があいて1月11日です。
この調子で次もがんばれー!!

この試合の映像はこちらで視聴できます
BDOレイクサイド2019 1回戦 鈴木未来 vs リサ・アシュトン
https://youtu.be/DzlrvpTlV5o?t=8692



Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。