Press "Enter" to skip to content

アジアンツアー 年間費用の総額は?

今年から新たに始まったPDCアジアンツアー。
2018年はソウル、マカオ、神戸、クアラルンプール、台北、マカオの全6ステージ。
そのファーストシーズンすべての試合が終了しました。
参加されたみなさん、関係者のみなさんお疲れ様でした。

今回の投稿ではPDCアジアンツアーに全ステージ参加した自分が遠征でかかった費用をステージごとにご紹介しようと思います!

来年から参戦しようと思っている方や全部は無理だけど安く行けるところはどこか知りたい。
オススメのステージはどこ?? などなど。
来年も開催が決定したPDCアジアンツアー2019のの目安になると思います。
金額はすべて日本円に換算しています。

今回の投稿では費用だけにスポットを当てていきます。
今後アジアンツアーのいろいろなランキング投稿もしていく予定です。

当初はエントリーフィー、飛行機、ホテルだけの金額にしようとおもいましたが、あえて個人的に必要だったレンタルWiFiや現地でつかった食事代、移動費、雑費などもすべて含めた金額にしました。
なので出した費用は少し多めだと思っていてください、あえて多めに算出されてます。
もっと節約可能な額だということを頭において数字をみてくださいね。

では行きましょう!



韓国ステージ(ソウル)  3月10日〜11日 

PDCエントリーフィー 14,500円($130)
飛行機代 往復 36,290円 (ANA)
ホテル代 3泊 ツイン朝食付き 一人あたり 16,900円
レンタルWiFi 4日間 無制限 3,880円
食事代・移動費などその他のお金 20,000円ぐらい
合計 91,570円ぐらい

食事などは外食で金額気にせずに食べたのでもっとケチればあと1万以上は安くなったと思います。

参考価格:会場ビール 200円  水ペット 100円



マカオステージ 4月28日〜29日

PDCエントリーフィー 14,500円($130)
飛行機代 往復 41,710円 (LCC バニラエア)
ホテル代 3泊 ツイン朝食付き 一人あたり 12,563円
レンタルWiFi マカオ・香港2カ国 4日間 無制限  6,524円
食事代・移動費などその他のお金 25,000円
合計 100,297円ぐらい

マカオステージはちょうどゴールデンウィークと重なってしまった関係で飛行機が高かった!!
マカオまでは香港まで飛行機、香港からマカオは高速フェリーでした(往復4,500円ぐらい)
この移動があるのでマカオ遠征は時間もかかるし、面倒だし、割高です。
物価は基本的に安いです、タクシー代も安い。
食事は美味しすぎるポルトガル料理で贅沢したので、質素に過ごせばもう10,000円は安く済むと思います。

参考価格:会場ビール 200円ちょっと  水ペット 100円



日本ステージ(神戸) 6月23日〜24日

PDCエントリーフィー 14,500円($130)
飛行機代 往復 14,680円 (スカイマーク)
ホテル代 3泊 朝食付き  26,640円
食事代・移動費などその他のお金 25,000円
合計 80,820円ぐらい

国内ステージだった神戸。
東京から神戸はスカイマークが安くてオススメ。
早く取れば片道7,000円です、しかも手荷物あずけるのに追加料金なし。
最高です!
レンタルWiFiを借りなくて済むのも国内ならでは。
ただホテル高かったのと、会場での飲食や街へ出ての食事代などで結構浪費しました。
ホテルを駅前のカプセルにして食事もケチればあと2万円は浮くかな。



マレーシアステージ(クアラルンプール)8月18日〜19日

PDCエントリーフィー 14,500円($130)
飛行機代 往復 42,798円 (LCC エアアジア)
ホテル代 2泊 デラックスツイン  一人あたり 3,560円
レンタルWiFi 4日間 無制限  4,800円
食事代・移動費などその他のお金 15,000円
合計 80,658円ぐらい

マレーシアは初の試合当日入り。
深夜に羽田を発って早朝にマレーシア入り。
空港から会場のホテルまで1時間くらいタクシーで移動してという日程(もうやらない w)
とにかくホテルが安いので1日多く泊まったところで2000円ぐらいしか変わらない。
やはり前日入りすればよかったです w
物価はとにかく安い!  一食あたり300円ぐらいでしょうか。
クアラルンプール市街まで観光に行ったので行かなかったら、食事代や移動費は半額で済んだかな。

参考価格:会場ビール 250円ぐらい(チケット制) 水ペット:150円ぐらい



台湾ステージ(台北)9月8日〜9日

PDCエントリーフィー 14,500円($130)
飛行機代 往復 30,800円 (LCC バニラエア)
ホテル代 3泊 朝食付き ダブルルーム  19,054円
レンタルWiFi 4日間 無制限  3,920円
食事代・移動費などその他のお金 35,000円
合計 103,274円ぐらい(台湾は観光多数でお金たくさんつかいました)

台湾は観光をしたかったので木曜日から現地入りしました。
食事、お酒、観光、足つぼマッサージ、温泉などなど試合だけだったら使わないお金を結構使いました。
なので試合参戦だけの目的で4日間だけだったら全部で80,000円ぐらいで済んだと思います。



フィリピンステージ(マニラ)10月13日〜14日

PDCエントリーフィー 14,500円($130)
飛行機代 往復 28,830円 (LCC セブパシフィック)
ホテル代 3泊 ツインデラックス 朝食付き 一人当たり  20,840円
レンタルWiFi 4日間 無制限 5,820円
食事代・移動費などその他のお金 15,000円
合計 84,990円ぐらい

フィリピンは安く済みました。大きな理由のひとつは飛行機の予約をキャンペーン中に取ることができたからです。
実際キャンペーン期間じゃないときに予約した人の半分以下の価格です。
ホテルは会場のホテルでとても豪華な高級ホテルだったのですがそれでも2万円。
とにかく物価が安い!食事に行って3人ぐらいで飲み食いしまくっても5,000円いかないです。
しかも今回の試合会場はコーヒー、紅茶、水が無料サービス。おつまみのスナックも無料提供でした。
会場販売のドリンクも安くてビールとコーラともに日本円で200円。
フィリピン遠征は総合的にみてもコスパ最強でした。



結果発表!!

アジアンツアー2018 ドリー遠征費用総額

ざっと541,609円ぐらい!

でした。
そしてもっと飛行機をうまくとって、食事などで贅沢しないで節約、ホテルももっと安いところを選んで遠征すれば、、、

PDCアジアンツアー全6ステージを
400,000
ぐらいで回ることも可能だと思います!

ここ大事!!
とにかくアジアンツアーでたい!でも金はない!っていう人はネットで調べまくりましょう。
いくらでも安くすませる方法はあります(ドリーおじさんには無理ですが)

以上、各ステージごとにざっくり掛かったお金をまとめたレポートでした。
参考になりますかね、節約ほとんどしませんでしたからね。
でもアジアンツアーを1年回るには50万ぐらいかかるって思っていればいいと思います。

アジアの場合、行ってしまえば現地の物価はとても安いのでホテル代や食事代はそこまでかからないです(特に東南アジア)
飛行機もLCCなどはキャンペーンをやることが多く、その期間に予約すれば通常価格の2〜4割引ぐらいで取れたりします。
早く取ればいいっていうものではなかったです。
一方ホテルは早めに取った方がいいのですが、試合会場がなかなか発表されないこともあるので、とにかく安めのホテルを3つぐらい予約してました(キャンセル料が1週間前まで無料のところ)

試合会場がホテルだった場合はそのホテルに泊まるのがほんとに楽です。
でも宿泊費が高かったりするので、近くの安いホテルに泊まってみんなでタクシー移動という手も何回か使いました。

海外はとにかくタクシーが安いです。
なので移動手段はタクシーがメインでした。

あと飛行機の予約で気をつけて欲しいのですが、スティールダーツは機内に持ち込めません。
必ず手荷物を預ける必要があるので、LCCなどを予約するときは手荷物預けられるプランを選ぶようにしましょう。


自分は初のアジアだったので、観光も大切にしましたし、食事もケチりませんでした。
質素に過ごせば現地で使うお金は1万円以下でも余裕で足りると思います。


今回のレポートは自分が使った遠征費をざっくりとご紹介しました。
あくまでドリーの場合です。
あと海外でネット回線は必須ですがレンタルWiFiなくてもホテルや空港には電波飛んでますし(激遅ですが)、誰かに借りるのも手です。
選手によってはもっと節約して安く済ませている選手も多いと思います。

とくにこの人、中西永吉 笑
たぶん一番節約してアジアンツアーまわった人です。
安く済ませたい人は彼からアドバイスをもらうといいです。



最後にひとこと

PDCアジアンツアーは50万円ぐらいで回れました。
もっと節約すれば40万切りることも可能です。
1年間、国内ツアーを回るよりはるかに安かったです、もちろん遠征数はこれの1.5倍ぐらい出てましたが。
とは言えひとくちに50万円と言っても人によっては大金です。
もちろん自分にとっても大金です、いろいろ売ってお金つくりました。

そして実際に全ステージフル参戦してみて結果的に得られたものは50万円というお金には変えられない経験や価値がありました。
こればっかりは自分で体験してみないとわからないと思う。
ダーツ関係ないところまで成長できると思います。
とにかく若いプレイヤーには借金してでも出て欲しい!と言いたい(責任はとれないが w)
そしてどうせ出るならスポットで1ステージだけじゃなくフルステージ参戦して欲しい。
得られるものが全然違うと思います。
どうしてもスポットしか無理なら海外ステージです。
来年3月末のフィリピンオープンとアジアンツアーの共催大会はまさにオススメです。

PDCアジアンツアーに1年間挑戦してみて「でなきゃよかった」っていう人は見つかりません。
スポット参戦した人でさえレベルに関係なく「出てみてよかった」という声を聞きます。
飛行機の取り方、ホテルの予約、わからなければサポートします。
2019年のアジアンツアーぜひ挑戦してみてください。
来年3月に開幕です、さぁ準備開始!

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。