Press "Enter" to skip to content

マレーシア遠征 出発編


8月18日、19日とマレーシアのクランという街でPDCアジアンツアー第7戦、第8戦が行われました。
今回もNDL誌の取材と試合参戦の二足のわらじ。
いざマレーシアへ飛びました。

今回のレポートでは海外遠征ってどんな感じなのかを複数回に分けてご紹介していきます。
飛行機のこと、費用のこと、試合の様子、食事、ホテル、観光などなど。
海外遠征の参考にしていただいたり、自分も行ってみたい!ってチャレンジ精神が生まれてくれたら嬉しいです。
冒険大事!チャレンジ大事!自分の枠を飛び出しましょう!


まずは出発編です。
海外遠征のときはまず飛行機とホテルを予約します。
自分はツアーではなくそれぞれ別々に予約します。
以前も案内しましたがホテルはbooking.comで探して予約してます。
あと最近教わったんですが、スマホのアプリで「ホテルズ」っていうアプリ使うと格安が見つかります。
飛行機は「トラベルコ」で相場をしらべて、あとは国際線の場合は航空会社のサイトで直接予約します。
LCCを使う場合は荷物預けられるコースにすること、そしてキャンペーンで安くなるタイミングがあるので、そこを狙うと安く買えます。
予約が早ければ安いってわけでもないので注意です。

あとパスポートの有効期限に気をつけましょう。
半年以上は残ってないとダメです。
それと絶対にパスポート忘れないように!

今回の飛行機はLCCのエアアジアにしました。
往復で4万円ちょっとでした。
長時間なので席はグレードアップしました(片道2000円UP)
深夜に羽田を出て早朝にマレーシア着という海外遠征では初の当日入りです w

23:45という深夜発の便でしたが少し早めに羽田空港へ。
羽田へは自宅から1時間ちょっと。
日没時間にちょうど間に合ったので展望デッキで写真を撮りました。

夜の空港ってとても好きです。
とくに夕暮れ時は空の色が飛行場の広い敷地に映えてとても綺麗です。
1時間くらい撮影して予約していた現地で使うWiFiを取りに。

海外遠征ではWiFiは必須だと思います。
なくても空港、ホテル、会場などで使えたりしますが、やっぱりスマホが使えないと何もできません。
検索できないし、連絡とれないし。
なのでできればWiFiは借りましょう。
自分は必ず通信料が無制限のプランで一番安いところにしてます。
350MBぐらいなら安いものがありますが、正直すこし高くても無制限にした方がいいと思います。
今回はJAL ABCというところで借りました。
WiFiは通信無制限のプランで4日間保険付き4800円。
ちょっと高い、マレーシアの治安がよくわからなかったので保険つけました。
予約して空港で受け取って、帰国時に返却ボックスに返すって感じです。
JAL ABCのカウンターへ行ってWiFiを受け取ったあと4Fのレストランフロアへ。

羽田空港の国際ターミナルはこんな感じの江戸っぽい横丁にショップや食べ物屋が並んでます。
韓国遠征の時にはグラタンでしたが、今回はピザ。
羽田空港の店はちょっと高いですがどこも美味しいです。

このピザで1800円でごわす!
パスタも美味しかった。
食事を済ませたところで時計は20時半。
出発まで3時間となり飛行機のチェックインが始まったのでエアアジアのカウンターへ。
国際便は出発3時間前には空港に行きましょう。
この頃、同じ便で出発するメンバーからもちょっとずつ連絡が入りはじめます。
「空港ついたー どこにいます?? メシ食いました?」みたいな感じです w
ちょいちょい合流しはじめます。
ずっとひとりの時もありますけどね(基本ひとり大好き)

チェックインのためエアアジアのカウンターへ。
LCC系航空会社のチェックインはいつも長蛇の列。
チェックインではパスポート見せて荷物を預けてチケットを受け取ります。

荷物が預け終わったら出国ゲートへ。
ここを抜けると日本じゃなくなります。

出国審査は検査官がパスポートと顔を確認して通過するだけです。
そのあとは国内線と同じように荷物検査です。
それを通過すると出国後エリアへ出ます。
カフェやレストラン、それとタバコ、お酒、化粧品、電化製品などの免税店がずらーっとあります。
出国後エリアでは免税なので安く買えます。
タバコ吸う人は免税店でタバコ買うのがお約束。
安いからといってたくさんは買えません、行く国によって買えるものや購入できる数が決まっています。
免税店で買うときはパスポートとチケットを提示して購入します。

今回は出国してからフライトまで2時間ぐらいあったので買い物したり、お茶したり2時間のんびりしながら出発を待ちます。

乗る予定だった便に機材遅れのトラブルがあって出発が30分以上遅れました。
結局、搭乗できたのは予定時刻から30分以上越えてからでした。

ここから7時間近いフライトです。
現地到着は朝7時ごろの予定。
できれば眠っていきたいところでしたがLCCの機内は狭すぎて結局自分は眠れませんでした。
前日に同じ便でマレーシアへ飛んだ先発組から機内がとてつもなく寒いということ、メシがまずいということ、それと席が狭すぎて辛いという情報をもらってました。
たしかに機内寒すぎでした。
ユニクロのライトダウンをカバンに入れていって正解。

それではマレーシアに向けて離陸です。
次は到着してから会場へ行くまでの到着編に続きます。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。