Press "Enter" to skip to content

ダーツ界にもアンチドーピング


JADA(Japan Anti-Doping Ajency):日本アンチ・ドーピング機構
ジャパンオープンに参加した人に聞いて知ったのですが、なんとJSFDがJADAに加盟したそうです。
ダーツ会場で配られていたパンフレットをいただきました。

JADAとは日本アンチ・ドーピング機構のことで、ジャダと読みます。
ダーツ界ではじめてドーピングに対応する動きをしてくれました。
最近よい話を聞かないJSFDでしたが、これはグッジョブ!
普段JSFDに苦言ばかり呈している自分ですが、この動きには賞賛を送りたいと思います。
ようやく日本ダーツ界にもアンチドーピングが動きはじめました。
よくやったJSFD!

以前から唯一の国際大会であるジャパンオープンだけでもいいからアンチドーピングはやってもらいたいなと思っていました。
というのもJSFDが加盟しているWDFの試合(ワールドカップ、アジパシ、BDOワールドマスターズなど)はすべてアンチ・ドーピングシステムが採用されています。
そこに日本代表を派遣するんだから検査はすべきじゃないかとずっと思ってました。
今回、世界ダーツ機構(WDF)の加盟団体であるJSFDがJADAに加盟ということで、今後ダーツ界すべての団体に影響を及ぼすことを期待したいです。


やはり他競技のプロ団体ではほぼ当たり前になっているアンチ・ドーピング。
自分がよく観戦にいくアイスホッケーの試合でも会場の外にはいつもJADAの検査車が止まっています。
試合後に両チームからランダムで選手がピックアップされ検査を受けていました。

日本のプロダーツトーナメントでもすぐに採用して欲しいところです。
少なくとも賞金100万円以上の試合では優勝者の採尿検査は必要だと考えています。
今回JSFDがアンチ・ドーピングに乗り出したことで、今後プロトーナメントや国際大会ではドーピング検査が当たり前に行われるようになっていくんじゃないでしょうか。

このドーピングに関して話を持ち出すと、ダーツの場合よくあるのが「じゃあアルコールはどうなんだ、アルコールだってドーピングみたいなものだろ」っていう意見。
ごもっともなところもあるんですが、とりあえず今回は薬物によるアンチドーピングの話です。
アルコールの賛否とは別としてご紹介しています。
というか、この流れに反対する人ってドーピングしている人ぐらいではないでしょうか。
競技者なら誰でも「PLAY TRUE」であることを望んでいると信じたいです。

JSFDの日本アンチドーピング機構への加盟はとても大きな一歩になると思います。
JADA加盟にともないすくなくともスティールプレイヤーはアンチドーピングに関して少しは知識をつける必要が出てくると思います。
風邪ぐすりなどでもドーピングに引っかかるものもありますからね。
自分も最低限レベルではありますが、ちゃんと勉強しようと思います。
みなさんも今後のために一度JADA公式サイトを見ておくことをお勧めします。


日本アンチ・ドーピング機構 | Japan Anti-Doping Agency (JADA)

p.s.
念のため書いておきますが、自分が販売しているサプリ「DOLLiS」はちゃんとアンチドーピングをクリアしております。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。