Press "Enter" to skip to content

とうとうカール ツァイスに手を出した


今回はカメラネタなので興味ない方はスルーお願いします。
新しいレンズを買いました。
今もっているレンズを1つ手放してこれを手にいれました。

Carl Zewiss Makro-Planar T* 2/50 ZE

カメラレンズのロールスロイスとでもいいましょうか、、
憧れレンズ「カールツァイス」に手を出しました。
すでに製造が終了しているレンズなんですが評価がとても銘玉レンズ。
おかげで中古とはいえ入手するの大変でした。
新しいモデルも出ているんですが、このクラシカルなルックスじゃないとカールツァイスっぽくない。
鉄ならではの重厚感というか、メカニカルな感じがとても良いんです。

そしてこのレンズの一番の特徴が今どき当たり前のオートフォーカスが使えないというところ。
自分でレンズを操作してピントを合わせないといけません、マニュアルフォーカスというやつです。
ズームもできません、50mmの単焦点レンズです。
50mmって人間の視覚にほぼ近い画角の写真が撮れるレンズです。

なんでそんな不便なレンズをわざわざ使うのか不思議に思うことでしょう。
それは不便でもあえて使いたくなるだけの写真が撮れる、そして撮る楽しさがあるからです。
自分の持っているレンズはどれも素晴らしいレンズばかりです。
それでもこのカールツァイスはそれのどれとも違うレンズでした。
とくにマニュアルフォーカスで撮る楽しさは新たな発見ばかり。
しかもこのレンズは植物などの近影撮影からスナップ、ポートレイト、風景なんでもござれのパーフェクトレンズ。
ボケは綺麗だし、絞れば輪郭が浮き出るような立体感を生み出す切れ味。
このレンズを評するのに「空気まで映し出す」という表現がよく使われるんですが、まさにその通りのレンズだとわかりました。
本当に使っていて楽しくて、それでいて素晴らしい描写をしてくれる買って大正解のレンズでした。

とりあえずピントを自分であわせるマニュアルフォーカスってものが初めてだったので、どんなもんだか自宅で撮影テスト。
メガネ&老眼なんで一眼レフのファインダーを覗いてピント合わせるのが結構大変。

自分が使っているCANON EOS 6Dはマニュアルフォーカスがしやすくなるカスタムができるカメラ。
なのでとりあえず、マニュアルフォーカス重視ですべて交換しました。
(マグニファイヤー&フォーカシングスクリーンの交換)


そうしたらピントの山がしっかりつかめるようになってきました。
見えるからってピントのあった写真が撮れるわけじゃないので撮影はそれなりに慣れが必要。

それでもレンズのフォーカスリングを回しながらピントを合わせる作業っていかにもカメラっていう感じがしてとても楽しい。

そしてこのカールツァイスのフォーカスリングは操作感が実に素晴らしい。
リングを回す重さがなんとも言えないちょうどいいトルク。
マニュアル撮影は子供や車、電車など動くものの撮影には向きませんが、自分が良く撮影する被写体にはちょうどいいんじゃないかと思います。
とにかく楽しい。
自宅でなんでもないモノを撮ってるだけでとても楽しいです。
写真自体は面白みがないので、つまらないでしょうけど。

ここからは通勤時に撮った外での写真。
雨が降った翌日にテスト撮影してみました。

マニュアルフォーカス初心者の割には意外とピントあっているんじゃないかと。
ボツにした写真もたくさんありますけどね。
とにかくマニュアル撮影は楽しい。
しばらくはこのレンズ付けっぱなしになること間違いなしです。
あー、楽しい。
あー、自己満足。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。