Press "Enter" to skip to content

国内スティール 賞金総額5千万円!

日本のスティールトーナメントで賞金総額50,000,000円の試合。
信じられないですよね。
今から30年前ですが本当に開催されました。
その時の大会ポスターです。

主催は日本ダーツ協会(JDA)で後援が世界ダーツ連盟(WDF)そしてニッポン放送とフジテレビ。
スポンサーはそごうグループと共同石油。
すんご!!  信じられない。
そして参加選手もすごい。
最近のダーツプレイヤーには馴染みがない顔ぶれかもしれませんが、当時の世界チャンピオンたちやトップ選手をほぼ全員集めましたっていう顔ぶれです。


WORLD DARTS GRAND PRIX 1988

開催されたのは今から30年前の1988年6月24日〜26日の3日間。
場所はTokyo,Japanとなっていますが実際は浦安です、ディズニーランドの隣接ホテル。
シェラトン グランデ トーキョーベイ
ずいぶん豪華なところでやったんですね。
それにしても「¥50.000.000 in Prize Money」の文字が光ってます。
30年前の5千万円ですから現在の貨幣価値だと1億円近いですかね。
本当にこんな大会が行われたんですね。
時代はダーツブーム!ではなくビリヤードブームだった頃です。
なんでこんなスポンサーがダーツについていたんでしょうか。

この大会に参加した!っていう方に当時のこと聞いてみたいですね。
日本人は何人ぐらいでたんだろう?
写真か何か残ってないんですかね。
30年も前だとさすがに残ってないか。

そしてこれだけのスポンサーと後援があればもう一度PDC呼べますよね。
お台場にカジノができたら可能かなぁ。

このポスターは旭川の大内雅司さんが「ドリーさん、こんな大会あったの知ってますぅぅぅ」って送ってくれたものです。

ジャズ喫茶 アベルさん(北海道旭川市4条20丁目)に貼ってあるそうです。
貴重なポスター映像ありがとうございました。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。