Press "Enter" to skip to content

マクロの世界


ダーツの投稿が続いてたのでここらでカメラネタ。
自己満な投稿です。

また新しいレンズ買いました。
この1ヶ月で3本目。

今回は完全に趣味用。
これで現在所有しているレンズは7本。
カメラを始めた人がどんどんレンズを欲しくなってハマることレンズ沼っていいます。
どうやら自分のことらしい。

今回買ったレンズ。
望遠単焦点マクロレンズ。

CANON EF100mm F2.8L MACRO USM

どんなレンズかというと被写体が大きく写るレンズ(100mm)で、しかも光がたくさん入る明るいレンズ(F2.8)で、そして高級ガラスが使われたラグジュアリークラス(Lレンズ)のレンズで、さらには小さいものしっかりとれる(マクロ撮影)レンズで、内臓モーターは超音波モーターで静か(USM)っていう素晴らしいレンズ。
単焦点というズームができないレンズです。
CANONのレンズでもこれはぜひとも持っていたいと言われる銘レンズ。通称イチニッパ。

普通のスナップも撮れるけど、やっぱりこのレンズのすごいところはマクロという接写に強いところ。
素晴らしい絵が撮れます。

これレンズが届いたのでカメラに取り付けて最初に撮った1枚。
店のカウンターに飾ってたなんでもないガーベラ。
なんの加工もしてません。
こんなのが自分の腕でも簡単に撮れちゃう。
やっぱりレンズの力は偉大、いいレンズ欲しくなっちゃうわけです。

適当に撮った写真ですが一応こんな感じで普通にスナップも撮れます。
でもやっぱりマクロで撮った写真がいいレンズです。

水滴まで綺麗に表現してくれてます。

うん素晴らしい。
このレンズ買ってよかった。
ブツ撮りに最高なレンズです。

すっかり趣味はカメラになってしまいました。
ダーツがんばりつつ、カメラも楽しみます。
そしてNDL誌のおかげで趣味のカメラをダーツにも活かせるので言うことなし。
雑誌にいい写真を掲載できるようカメラもがんばらないとな。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。