Press "Enter" to skip to content

今週末開催!PDC World Cup Of Darts


今週金曜日早朝にPDCワールドカップが開幕します。
世界32カ国による各国2名のダブルスで世界一を争います。
ダーツの世界にはワールドカップが2つあります。
WDFのワールドカップとPDCのワールドカップです。
(PDCはワールドカップオブダーツって名前)
WDFのワールドカップは2年に1回開催で開催国は世界各国で持ち回りです。
昨年日本の神戸で開催されました。
PDCのワールドカップは毎年ドイツで開催です。
それぞれまったく別ですので混同しないでくださいね。

ちなみに次のWDFワールドカップは来年ルーマニアで開催されます。
男女4名とユース若干名が日本代表として派遣されます。
この日本代表になるためにはJSFDという団体の年間ランキングで上位に入る必要があります。
8月に開幕して2019年7月までのランキングで決まります。
話しが少しそれましたね、戻します。

今週末に開催されるのはPDCワールドカップです。
大会正式名称は” 2018 Betway PDC World Cup of Darts “です。
日本からはPDCアジアンツアーランキングの日本人上位2名が選出。
浅田斉吾
村松治樹という国内最強のダーツプレイヤーがペアを組んで世界に挑みます(ワクワク)
いやぁ!すごいペアですね。
間違いなく日本最強!スティールでもソフトでも日本トップであるこの二人によるチームJAPANには誰も文句ないでしょう。

PDCワールドカップ2018は6月1日AM2時(日本時間)に開幕します。
観たい人はDAZNやPDC.TVで視聴可能です(どちらも有料)

PDC.TV
https://www.pdc.tv

DAZN(ダゾーン)
https://watch.dazn.com/ja-JP/sports-ms2-t1/

参加32カ国で上位8カ国がシードとなります。
シード国は以下の通り
1 Scotland – Peter Wright & Gary Anderson
2 England – Rob Cross & Dave Chisnall
3 Netherlands – Michael van Gerwen & Raymond van Barneveld
4 Australia – Simon Whitlock & Kyle Anderson
5 Wales – Gerwyn Price & Jonny Clayton
6 Northern Ireland – Daryl Gurney & Brendan Dolan
7 Belgium – Kim Huybrechts & Dimitri Van den Bergh
8 Austria – Mensur Suljovic & Zoran Lerchbacher

1回戦はダブルスのみの5レグ先取です。
この1回戦はダブルスしかないというところが番狂わせをおこします。
やっぱり世界のトッププレイヤーといえどもPDCプレイヤーは年間通してシングルスしかやりません。
唯一公式戦でダブルスをやるのがこのワールドカップだけです。
なので世界トップクラスの選手でもダブルスだと噛み合わないというケースが普通にあります。
昨年も1回戦で優勝候補だったピーター・ライト(PDC2位)とギャリー・アンダーソン(PDC3位)のスコットランドがポール・リムとハリス・リムのシンガポールにまさかの1回戦負けという大波乱がありました。
シード国といえども1回戦はダブルス5先だけで決まるとあってプレッシャーかかってます。
金星をあげるチャンスなわけです。
2回戦に進むとSSDと呼ばれるシングルス・シングルス・ダブルスになります。
こうなってくると実力差がで勝つのは結構渋くなってきますね。

さて肝心の日本の初戦ですが、なかなか手強いペアになりました。
スティールやらない人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、このおっさんたちめっちゃ強いです。

チーム オーストリア(第8シード国)
Mensur Suljovic / Zoran Lerchbacher
メンサーおじさんとゾランおじさん。
メンサーは10年以上前にソフトダーツで日本にも来たことあったりします。
現在絶好調で先週末のジャーマンマスターズで優勝しています。
ゾランはこのトリックショットで知ってる人もいるんじゃないでしょうか。

ぶっちゃけオーストリアは強いです、第8シードのランキング国ですからね。
でもニンジャとライジングサンのチームジャパンが勝てる可能性は十分あります。
結構いけるんじゃないかと。
とにかく先攻レグをしっかりキープしてプレッシャーかけたいですね。
相手にとっては日本は絶対に負けられない相手です。
セイゴが削る!ハルキが上がる!って感じで二人のハイタッチがたくさん見られることを期待しましょう!


ここ数年はMVGとRVBのオランダペアが無敵状態となっています。
PDCワールドカップは賞金総額300,000ポンド。
日本円にすると4500万円!! (1ポンド=150円換算)
優勝 £30,000(450万円)
準優勝 £16,000(240万円)
3位タイ £10,000(150万円)
ベスト8 £7,000(105万円)
2回戦負け £4,000(60万円)
1回戦負け £1,500(22万円)
ちなみにペアでなく一人ずつにもらえる金額です!

自分の優勝予想は「オランダ」ではなくやっぱりスコットランド!
そしてダークホースはベルギーだと思ってます。
今年のベルギーはハイブリクス兄弟ではなく、お兄ちゃんの代わりにディミトリです。
ディミはいまノリノリなんでちょっと楽しみ。

チームジャパンの初戦は日本時間で6月1日金曜日の早朝です。
初日の最終ゲームにスケジュールされているのでたぶん朝6時ぐらいになると思います。
早起きして応援しましょう!

最後にチームジャパンのスロー動画をくっつけておきます。
4月のアジアンツアーマカオで撮影したものです。

がんばれセイゴ!がんばれハルキ!がんばれニッポン!!

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。